神奈川県、相模原市、大和市、横浜市、座間市、川崎市、の防災点検や防災設備工事は日本防災センターへ

保守点検 ・消火設備 ・警備設備 ・避難設備について

ビル・マンション・工場などでは、消防用設備が故障しているなどの理由で、設備が正しく機能しないと、火災が発生したとき発見が遅れ、火災被害が大きくなってしまいます。
そのため、消防用設備が正しく機能しているかを定期的に点検することが必要不可欠です。
消防法では、消防用設備の設置があるビル・マンション・工場などは、消防設備士(国家資格者)などの有資格者による点検を年2回以上(半年毎)実施することが定められています。
また、その点検結果は、所轄の消防署へ建物の用途により年1回、または3年に1回の提出が義務づけられています。

点検設備が必要な設備について

消火器

屋内消火栓設備、屋外消火栓設備、スプリンクラー設備、
粉末消火設備、ハロン消火設備、不活性ガス消火設備、
二酸化炭素消火設備、泡消火設備、消火器

避難設備

自動火災報知設備、防火・排煙設備、非常警報設備、ガス漏れ火災警報設備、火災通報装置

警報設備

避難設備(はしご、緩降機、救助袋)、誘導灯および誘導標識
消防点検への問合せ
日本防災センター