神奈川県、相模原市、大和市、横浜市、座間市、川崎市、の防災点検や防災設備工事は日本防災センターへ

消防設備工事について

建物には、たくさんの改修必要項目がありますが、 なかでも消防用設備の改修工事は、そこで働いたり 暮らしたりする人の命を守る上でとても重要です。速やかに 改修をすることが大切です。 万が一火災が発生した際、 全消防設備が正常に差動し、避難器具が使える状態に なっていないと大変です。 大切な財産・生命を守るために、 どうぞ消防用設備の改修工事はしっかりと行って下さい。

消防用設備工事が必要なケース

1.消防用設備保守点検の結果、不具合や不良箇所が発見された防火対象物。
2.現在設置されている消防用設備が、何らかの問題があり消防法により失効になった防火対象物。
3.消防法改正により、既存の非常警報設備(非常ベル)から自動火災報知設備への変更工事が必要な防火対象物。
4.消防法改正により、避難器具の設置が必要になった防火対象物。
5.室内の間仕切り壁など設置をするなどの内装工事をし、感知器を追加設置する必要がある場合。
6.その他 消防署よりの指導により改修が必要な場合。
設備工への問合せ
日本防災センター